悪徳グループ会社の騙し誘導証拠!

検証、比較、口コミサイト、Blogで徹底的に騙す詐欺集団

検証、比較、口コミサイト、Blogで徹底的に騙す詐欺集団

詐欺事件の報道により、更なる悪がインターネット業界に

競馬情報詐欺の被害額から「競馬情報会社は儲かる!」と踏んだ、振り込め詐欺集団やサラ金紹介詐欺業者などが競馬情報業界に参入し、競馬情報全体のイメージを著しく悪くした。

サラ金紹介詐欺業者とは雑誌に「独自審査で絶対融資します!」などと広告し、個人情報や借入情報、職場などを聞き、一般的な消費者金融で借りれる場所を探し、いかにも当社が紹介したから借りれたと脅し紹介料を騙し取る。

振り込め詐欺集団やサラ金紹介詐欺業者(以下から二次詐欺集団)は広告(電話)系の競馬情報会社と客の取り合いになり、当時規制が甘かったyahooやGoogleなどのクリック決済型の広告を使い、不特定多数の人から騙し続けたのである。

悪質さが常識化し、二次詐欺集団からも数件の逮捕者が出た。

それからは仮想通貨の広告同様にインターネット上の広告にも規制が入り一旦は大人しくなったと思えた詐欺集団だったが、次に目を付けたのがグルメ評価サイトやまとめサイトの競馬情報会社版の運営を開始した。

自社やグループ企業は優良や高評価で誘導し、口コミサイトでは多少は悪い印象を与えるコメントを書くが良い印象がしっかりと残るよう自作自演で誘導させた。

これでも多くの被害者が出た。

入口から出口まで騙す事を大前提とした、悪徳自演グループ企業の行為は決して許される事ではない。